住宅建築のための土地|低コストの狭小地について

小さくても快適な暮らし

見取り図

住宅は人生のうちで最も高価な買い物と言われています。よほどの資産家でもない限りは多額のローンを20年、30年といった長期にわたって返済していかなければならないため、購入する際には失敗のない資金計画を作り、実行していくよう気をつけなければなりません。その苦労から、中には計画段階で挫折してしまう人もいます。それでも、どうしても持ち家にこだわりたい、しかも一戸建て住宅に住みたいという人は少なくありません。そしてそういう人たちの多くが、現にさまざまな工夫をすることによって低コストでマイホームを実現しています。そうした工夫の1つに、狭小地の活用があります。近年では狭小地専門の不動産仲介業者なども営業しており、物件を見つけやすくなっています。

狭小地とはその名の通り狭くて小さい土地です。明確な基準があるわけではありませんが、不動産業界においては15坪ないしは20坪未満の面積を持つ土地のことをこのように称しています。狭小地の最大の特徴は、何と言っても価格が安いことです。これは面積が小さいのだから当たり前の話ではありますが、買い手がつきにくい、周囲から他人の敷地が迫っているため変形地が多いといった事情がさらに価格を押し下げています。狭くて変形している土地ならば当然通常の住宅を建てるのには向きませんが、最近ではこうした土地に適した狭小住宅を提案しているハウスメーカーも増えてきています。それらの住宅には、3階建てにしたり地下室を作ったりして延べ床面積を拡張したり、吹き抜けを上手に利用して開放感を演出したりといった、狭さを感じさせないさまざまな工夫がこらされています。

こだわりの家づくり

住宅

家づくりにはこだわりが強い愛知では、その要望にしっかりと応える工務店が多くあります。基本性能を重視しつつも、満足度の高い注文住宅を建てるのが特徴となります。宣伝活動をしていないので探すのには苦労するのが特徴です。

More Detail

宅地を賢く買う方法

部屋

通勤にも便利な場所で100平米以上の土地を格安に購入できることが、入間市内の物件が注目される理由です。建築条件の有無をチェックして物件を選ぶべきであり、坪当たりの価格や値下げ情報をチェックして、お得に購入するのがポイントです。

More Detail

交通アクセスの向上

男性

東京への一極集中によって通勤圏が広がっており、交通アクセスの向上した藤沢でも住民が増加しています。高齢者の維持が難しくなった中古一戸建ての物件が市場に出てきており、定住者の増加につながっています。藤沢は海に近いので住宅の資産価値を維持するためには定期的な手入れが必要です。

More Detail