住宅建築のための土地|低コストの狭小地について

交通アクセスの向上

男性

通勤圏の拡大

都市部一極集中が継続しており、年々都市部の人口の増加が顕著になっています。また労働人口の集中によって、都市部周辺のベッドタウンの需要がかなり高くなっているのです。神奈川県の藤沢も首都圏への通勤が格段に便利になってきているので、中古一戸建てに対するニーズが増加しています。藤沢で中古一戸建てを選択する層は利便性よりも湘南地域での生活を重視することに重点を置いています。藤沢は海が近いことや歴史のある鎌倉が近いということで選択されています。最近まで駅の近くを除いて一戸建て住宅が広がっておりましたが、高齢者の増加によって一戸建て住宅の維持が難しくなるケースが増えて、市場に中古一戸建て住宅が出るようになってきています。

住宅の手入れが重要

藤沢は週末の生活を楽しむために人気を博していますが、中古一戸建てを購入する際には建物の現況を詳細に確認することが重要です。海に近いということで塩害を受けているケースがあるので、特に外壁や手摺などの状態を点検する必要があります。藤沢の周辺は観光施設も多いので車のアクセスについても購入の際の重要な選択肢となります。週末は道路が大変混雑するので高速道路や有料道路のアクセスが重要となっています。中古一戸建てを購入した後も資産価値を保つためには日常の維持管理が重要になっています。特に塩害による錆については十二分に注意が必要です。外回りは定期的に洗浄を行うとともに、金属の部分は塗装を厚くしておく必要があります。